DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/06/22(土)   CATEGORY: 未分類
あくる日
あくる日、ささやかなパート仕事を終え、途中で買ってきた揚げ物などで晩飯をすませたあと、私はテレビをつけずに待っていた。
テレビのように明るくうるさい音の出るようなものに、うっかり見入ったりしていると、ああいう人たちは出て来づらいように思うからである。

彼女はまたやってきた。
早い時間から、奥の部屋を暗くして、敷きっぱなしのふとんに寝転がっていると、果たして、部屋の隅に彼女はあらわれた。
しかし、奇妙なことに、そのとき、彼女から、昨夜のような激しい怒気が感じられなかった。
『昨日、怒ってたけど、何に腹をたててたの?』
私は、彼女の存在を感じたとき、すぐにそう聞いた。もちろん声には出さずにである。
すると、彼女から、強い嫉妬の念が伝わってきた。
『ああ・・、好きだった男に裏切られたのかなあ・・』
そう思ったとき、ふっと私の眼前に、男と女が片手を握り合いながら、寄り添い抱き合っている姿が浮かんだ。二人の着物と頭髪から推測して、すぐに明治時代のことだと思った。あるいは大正時代か、もしかするともうちょっと後のことかもしれないが、私にはよくわからない。どうでもよいことだが。

・・、男と抱き合っていたその女は、彼女ではなかった。
それはおそらく、彼女自身の見た光景の実転写であったろう。
しかも、そのすぐあとにその転写の中の女性が、花嫁姿でひとりの老婦人に手を引かれながら、大きな家の門に入っていく姿が、また浮かんだ。
『・・・』
私は何も言えなくなった。
暗い部屋の隅で、彼女はひどくつらそうに顔をゆがめ、涙を流していた。昨日感じたのとと同じ怒りが伝わっきた。
『・・だまされたのね・・?』
そう、問いかけたわけではなかったが、彼女はすぐにまた別の光景を私に伝えてきた。
それは、こちらがつらくなるような、明るい男の顔だった。
彼は、こんどは彼女を抱き寄せようと手をさしのべていた。
そして・・、それをかき消すように、結婚した二人が血まみれで倒れている光景が、見えた。
さらにその次には、火が見えた。
火は大きな屋敷を轟々と、小気味よく燃やした・・
私は、火に快感を覚え、もっと燃えろと思った。彼女の思いが、そのまま伝わってきたのだ。

と、そこまで彼女が「話し」終えたとき、部屋の隅にあった彼女の姿が、ふっと消えた。
だが、いなくなってしまったわけでないことは、感じていた。
私はふとんからのろのろと立ち上がり、襖を開けて板の間に出ようとした。そこに彼女がまだいることがわかったからだ。

だが、見たくない彼女の姿がそこにはあった。高い天井のすぐ下の太い梁から、縄で首を括り、ぶらんと下がった、いやな姿を・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 新・おどろ姫. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。